HOME > 関係年表・地図

関係年表・地図

◆地図

中国全土地図湖北省地図

◆年表

出来事
前770 周の平王、洛邑に遷都(東周、春秋時代の開始)。
前722 『春秋』の記事開始(魯の隠公元年)。
前480 魯の大干魃(哀公15年)→『魯邦大旱』
前479 孔子没。
前453 晋の有力貴族韓魏趙の三氏が実権を掌握。
前431頃 孔子の孫の子思没。→『魯穆公問子思』
前403 韓魏趙、諸侯として承認される(戦国時代開始、前453開始説もあり)。
前373 上博楚簡のC14測定値の上限
前319頃 孟子、魏の恵王と会見。
前317頃 孟子、斉の宣王と会見。客卿となる。
前308 上博楚簡のC14測定値(±65年)→上博楚簡
前305頃 孟子、遊説活動を引退して鄒に帰国。著述に専念。
前300頃 郭店一号楚墓造営(考古学的編年による通説)。
前278 秦の将軍白起、楚の都郢(紀南城)を攻略。
楚は陳に遷都(郢における楚墓造営の下限)。
前255頃 荀子、楚の蘭陵令となる。
前249 呂不韋、秦の宰相となる。
前246 秦王政(後の始皇帝)即位。
前221 秦始皇帝、天下統一。
前213 挟書律制定。焚書を行う。
前212 坑儒を行う。
前209 陳勝呉広の乱。
前206 漢の高祖劉邦、秦を滅ぼす。
前168 長沙馬王堆漢墓造営(前漢文帝の前元12年)。
 
 
1972 
 
 
銀雀山漢墓竹簡発見
1973 馬王堆漢墓帛書発見。
1974 秦兵馬俑坑発見。
1975  睡虎地秦墓竹簡発見
1993 郭店楚墓発見。
1994 上海博物館、楚簡を購得。
1998 『郭店楚墓竹簡』刊行。戦国楚簡研究会発足。
2001 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第一分冊刊行。
2002 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第二分冊刊行。
2003 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第三分冊刊行。
2004 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第四分冊刊行。
2006 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第五分冊刊行。
2007 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第六分冊刊行。
湖南大学岳麓書院が「岳麓書院秦簡」を入手。
2008 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第七分冊刊行。
清華大学が「清華大学竹簡」を入手。
2009 北京大学が「北京大学竹簡」を入手。
2010 『銀雀山漢墓竹簡(貳)』刊行。
『清華大学蔵戦国竹簡(壹)』刊行。
『岳麓書院蔵秦簡(壹)』刊行。
2011 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第八分冊刊行。
戦国楚簡研究会、中国出土文献研究会と改称。
『清華大学蔵戦国竹簡(貳)』刊行。
『岳麓書院蔵秦簡(貳)』刊行。
2012 『上海博物館蔵戦国楚竹書』第九分冊刊行。
『清華大学蔵戦国竹簡(参)』刊行。
2013 『岳麓書院蔵秦簡(参)』刊行。

コメントは受け付けていません。