HOME > 海外学術調査 > 山東省

山東省

中国山東省学術調査報告 INDEX

中国研究集刊 麗号(総四十八号) 平成二十一年六月 一七二 ~ 一八九頁

一、調査旅程の概要

二〇〇八年(平成二十年)九月二日から九月八日にかけて、戦国楚簡研究会は中国山東省において学術調査を行った。

二〇〇一年以来、本研究会は、上海博物館の訪問、大阪大学における国際シンポジウムの開催、清華大学、武漢大学、台湾大学、東呉大学等において開催された国際学会への参加など、国際的な学術交流を積極的に進めてきた。今回の調査は、二〇〇五年の湖北省荊門・荊州地区の学術調査、二〇〇六年の湖南省長沙地区の学術調査、そして二〇〇七年の陝西省西安・宝鶏地区の学術調査に続き、中国出土文物ならびに古代思想史関係史跡の調査を目的として実施したものである。

行程は、以下の通りである。

九月二日 関西国際空港に集合。空路、山東省青島へ。青島から★[シ]博へ。途中、臨★[シ]にて、古車博物館、斉国歴史博物館、殉馬坑見学。晏子墓、斉四王(威王・宣王・★[ビン]王・襄王)墓視察。★[シ]博泊。
 晏子墓と管仲墓・管子記念館
九月三日 午前、管仲墓・管子記念館訪問。広饒へ移動、孫子祠見学。濱州へ移動。
午後、魏氏荘園、孫子故園、孫子兵法城見学。濱州泊。
 晏子墓と管仲墓・管子記念館
九月四日 済南へ移動。山東省博物館訪問。午後、泰安へ移動。岱廟見学。泰安泊。
 山東省博物館
九月五日 午前、泰山へ。泰山玉皇廟、孔子廟見学。
午後、曲阜へ移動。明代城壁、孔廟・孔府・孔林、周公廟、少昊陵見学。曲阜泊。
九月六日 午前、孔子研究院見学。嘉祥へ。武氏墓群石刻博物館視察。滕州へ移動。午後、墨子紀念館、滕州漢画像石館見学。曲阜泊。
 武氏墓群石刻博物館館 墨子紀念館
九月七日 午前、沂南へ。諸葛亮故里記念館見学。午後、臨沂へ。銀雀山漢墓竹簡博物館訪問。臨沂市博物館見学。臨沂泊。
 銀雀山漢墓竹簡博物館
九月八日 臨沂発、青島へ。青島空港から関西国際空港へ。関西国際空港にて解散。

参加者は、浅野裕一(東北大学大学院)・湯浅邦弘(大阪大学大学院)・福田哲之(島根大学)・竹田健二(同)、
福田一也(日本学術振興会特別研究員)、草野友子(大阪大学大学院生・日本学術振興会特別研究員)、白雨田(大阪大学大学院生)の七名である(写真参照)。

参加メンバー(山東省孫子故園武像前にて)

参加メンバー(山東省孫子故園武像前にて)

なお、調査旅行の準備として、渡航二月前の七月上旬、山東省博物館と銀雀山漢墓竹簡博物館に手紙を送り、訪問の日程と目的を伝えた。それぞれ好意的なお返事をいただき、面会が実現した。

(湯浅邦弘)

コメントは受け付けていません。

山東省:関連情報